NEWS ニュース

「マーケティング・テクノロジーフェア 2013 in 東京」にて弊社代表 岡本が講演

January 30, 2013 /
インフォメーション

2013年2月27日(水)・28日(木)に開催される「マーケティング・テクノロジーフェア 2013 in 東京」(UBMジャパン株式会社 主催)にて、弊社代表取締役 岡本 泰治が講演いたします。 また、展示会場ではResponsys社とブースを共同出展いたします。弊社もブーススタッフとして会場でご案内させていただきます。

「マーケティング・テクノロジーフェア 2013 in 東京」
開催概要

会期 2013年2月27日(水)・28日(木)
※弊社:岡本の講演は、2月27日(水)10:40~11:20を予定しています。
会場 池袋サンシャインシティ・文化会館3F(Cホール)
主催 UBMジャパン株式会社
聴講料金 無料(事前のご登録が必要となります)

弊社 講演概要

セミナータイトル

「事例に見る次世代Eメールマーケティング戦略」
顧客との絆を築くための「データ連携」「シナリオ自動実行」「クロスチャネルアプローチ」の実際
~Responsys Interact Suite 活用事例~
講演者:株式会社ディレクタス 代表取締役 岡本 泰治

講演内容

本講演では、米国Responsys社のクロスチャネル・キャンペーン・マネージメントソフトウェアである「Responsys Interact Suite」を活用した最新の事例をご紹介しながら、私たちの考える次世代型Eメールマーケティングの具体的な姿やその実現方法について解説します。

ビッグデータに対する期待の高まりと共に顧客データに基づくOne-to-Oneコミュニケーションが改めて注目されていますが、その実現にはEメールマーケティングの活用が不可欠です。
しかしそれは従来型の「メルマガマーケティング」ではありません。
顧客一人一人とのリレーションシップを築く新しい時代のEメールマーケティングです。

webアクセスログやソーシャル上のデータも含めた顧客データと連携し、最適なタイミングでOne-to-Oneコミュニケーションを実現するためにシナリオを自動実行し、そのシナリオに基づいてEメールだけでなくディスプレイ広告なども含めた複数のチャネルでアプローチする。それが私たちの考える次世代型のEメールマーケティングです。

ツールと具体的な活用事例を合わせてご紹介しますので、ぜひこの機会をご活用くださいませ。

詳細やお申し込み方法はオフィシャルサイトをご確認ください。

講演者プロフィール

株式会社ディレクタス 岡本泰治

岡本泰治 株式会社ディレクタス 代表取締役

株式会社リクルートを経て1993年株式会社ディレクタスを設立。1999年頃からEメールマーケティング支援サービスを開始し、数多くの大手企業のEメールマーケティング戦略を立案。コンテンツ企画・制作から配信オペレーションまでEメールマーケティング実施に必要な全ての機能をワンストップで提供している。著書に『ケースで学ぶマーケティングの教科書』(秀和システム)がある。