NEWS ニュース

【リリース】ディレクタス、Beacon取得データとSalesforce Marketing Cloudを連携し、店舗来店者のリアルタイムでの顧客体験向上を支援

April 30, 2015 /
プレスリリース

クロスチャネルOne-to-Oneマーケティング支援を行う株式会社ディレクタス(本社:東京都品川区、代表取締役:岡本泰治、以下ディレクタス) は屋内位置情報サービスの株式会社タグキャスト(本社:東京都千代田区、代表取締役:鳥居暁、以下タグキャスト)と共同で、Salesforce Marketing CloudにBeacon取得データを連係させ、パーソナライズしたモバイルアプリのプッシュ通知等を通じて店舗内の顧客体験を向上するサービスを提供します。

本ニュースに関するコメント

タグキャスト 代表取締役 鳥居暁氏は次のように述べています。「昨今、急速にBeaconの事例が増えてきましたが、利用者に一過性のインセンティブを提供する事例が多く、CRMに活用できていません。それは、システムの開発と運用が負担になるためです。Salesforce Marketing CloudとTAGCASTを利用することで、従来の課題を解決し、BeaconによるCRMを容易に実現できます。」

ディレクタス 代表取締役 岡本泰治はこう述べています。「かねてよりBeaconの位置情報をCRMデータと連繋して活用するべきだと思っていましたが、メンテナンスを含めたBeacon自体の安定運用が課題でした。先進的な技術と運用ノウハウを持つタグキャストさんとの協業によって、位置情報を活用したより良い顧客体験の実現をご提案できるようになりました。」

本サービス開発の背景

Beacon(ビーコン)は昨今様々な実証実験などで店舗への導入が進められています。しかしそのデータの実際の活用方法は近隣にいるユーザーに対しクーポンを一斉配信するなど位置情報に代表されるモバイルアプリ上で取得可能なデータに基づくものが大半です。しかしここに購買履歴やWeb閲覧履歴、会員ランク、保持ポイント、会員登録情報などのデータを掛けあわせることで、よりパーソナライズしたコミュニケーションが実現可能となります。またクーポンなどのオファーだけではなく、ユーザーの不満の解消や気付きを与える便利で心地よいサービスとしての活用も出来ると考え、ビーコンベンダーであるタグキャスト社と共同でサービス開発することになりました。

提供サービス

今回のサービスでは連係用のシステムだけではなく、「どのようなエクスペリエンスを提供するか」というコミュニケーションシナリオの作成や実際の運用まで含めて、サービス提供します。

本サービスに含まれる内容

・コミュニケーションシナリオの設計

・モバイルプッシュ、Eメールの設定・運用

・TAGCASTビーコンの提供・保守

・モバイルアプリ用設定モジュールの提供

また使用チャネルとしては、主にモバイルプッシュでのメッセージ配信を想定しています。店舗に設置されたタグキャスト提供ビーコンから発する位置情報をモバイルアプリで受信し、APIを介してその情報をSalesforce Marketing Cloudに送ります。Salesforce Marketing Cloudではオートメーション機能を使用し、事前に設定した組み合わせ条件に合致したユーザーにのみモバイルプッシュを送信します。なお現時点での対象チャネルはモバイルプッシュとEメールの2つになります。

連係イメージ

Directus_Tagcast_PressRelease_0430

例えば、Beaconの情報で特定の顧客の来店が分かったら、最近の来店状況や興味関心に応じて異なるメッセージを送信することや、会員システムと連係して実際に特定の売り場に訪問した人だけに便利なお知らせを届けることも可能になります。またクーポンなどのオファーを配信する際にも適切な対象にのみ絞り込んで配信することで、関心のあるオファーだけを届けて無駄な一方通行の告知を減らします。これによってよりレリバントなコミュニケーションを推進します。

ディレクタスはクロスチャネルOne-to-Oneコミュニケーションの実行エキスパートとして、新たなテクノロジーも積極的に活用し、ユーザーにとって有益なコミュニケーションの開発・実行支援を行っていきます。

本プレスリリースについてのお問い合わせ先

株式会社ディレクタス

担当:橋野 谷米(たにごめ)

TEL: 03-5719-7090 ※受付時間 10:00〜18:00 月〜金(除 祝祭日)

Email: [email protected] FAX:03-5719-7091